【時短】衣類乾燥機は買ったほうがいい!メリット・デメリットを解説!

当ブログのリンクには広告が含まれています。

洗濯ってすごく手間がかかって面倒くさいですよね。

洗濯機に入れる⇒洗剤投入してスイッチオン⇒取り出してハンガー等にかける⇒物干し竿に干す⇒取り込む→畳む

非常に工程が多くて時間がかかります。

僕は特にハンガーにかけて干す⇒取り込む作業が嫌いでめちゃくちゃストレスを感じていました。

一人暮らしで洗濯物の量もたいして多くないし、干して取り囲む時間も15分ぐらいなのですが、超ズボラーな僕にとっては悩みの種でした。

そこで、衣類乾燥機を導入した結果、めちゃめちゃ楽になりました。

僕はこちらの衣類乾燥機を購入しました。

ヤマダ電機 楽天市場店
¥64,799 (2024/06/21 11:04時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

なんでもっと早く買わなかったんだろう…

単純に15分浮くだけでなく、嫌いな仕事をしなくてすむという精神的な面でも楽になりました。

今衣類乾燥機の購入を迷っている方は絶対買ったほうがいいです!確実にQOLが上がります。

とはいえ、もちろん衣類乾燥機もいいところばかりではありません。

デメリットだってもちろんあります。

そこで、今回の記事では衣類乾燥機を導入するメリット・デメリットを解説していきます!

  • 衣類乾燥機の購入を検討している人
  • 洗濯が嫌いな人
  • 家事を減らして自由な時間を手に入れたい人

1つでも当てはまる人はこの記事を読んで参考にしていただきたいです。

目次

衣類乾燥機を使うメリット

ここからは衣類乾燥機を使うメリットを紹介していきます。

洗濯の工程が減って時間を節約できる

個人的にはこれが一番のメリットだと思っています。

洗濯機が止まったら乾燥機に投入してスイッチオンするだけ!乾燥機機能付きの洗濯機であれば乾燥機に入れる作業すらありません。

干す、取り込む作業に掛かっていた15分が節約できます。 週に4回洗濯するとしたら合計で1時間を生み出すことができるわけです。

浮いた時間で他の家事や勉強、趣味に時間を割くことができますね。

これだけでも十分に買う価値はあると思います!

天候に左右されない

外に洗濯物を干していると天気が気になりますよね。

突然雨が降り出して洗濯物がビチョビチョになったり、風が吹いて飛んでいったりすると困ります。

また、外干しをすることによって花粉や黄砂、虫が付く可能性があります。

衣類乾燥機を使えば天候のトラブルに左右されることなくいつでも洗濯物を乾かすことができます。

タオルがふわふわになる

これは予想外だったのですが、外で洗濯物を干すとタオルがパリッパリのゴワゴワになっていることがあります。

ですが、乾燥機を使うことで洗濯物をふわふわに仕上げることができます。

ハンガーがいらなくなる

乾燥機の導入によって、洗濯物を干す作業もなくなるので今まで使っていたハンガー達も必要なくなったので処分することができました。

ハンガーを使っていないときは思いの外スペースを取っていたので、大量に処分できてスッキリしました。

衣類乾燥機を使うデメリット

衣類乾燥機を使うデメリットをまとめていきます。

設置スペースが必要

乾燥機の本体は意外と大きいものが多いです。

洗濯機の上だったり、床に直置きだったり、置き場所はいろいろですが、設置するのにスペースを確保する必要があります。

機種によってはスタンドや工事費などが追加で必要になってきます。

光熱費がかかる

外干しや部屋干しなら電気代はかかりませんが、乾燥機を使えばその分の電気代・ガス代がかかります 僕の場合だと、毎日使用したとして、月におよそ2,000円です。

これを安いと感じるか、高いと感じるかは人によって違いますが、月2,000円で嫌いな洗濯物を干す作業、取り込む作業が無くなるなら投資する価値が大いにあると僕は思います

フィルターの手入れをする必要がある

衣類乾燥機のフィルターはたった一回の使用でも結構ホコリみたいなゴミがくっついています。

フィルターの掃除をせずにほったらかしにしておくと、フィルターが詰まって乾燥効率が下がり電気代が上がったり、故障の原因になったりしてしまいます。

なのでフィルターの掃除は毎回必要です。

僕の使っている乾燥機のフィルターはこんな感じです。

使用ごとに掃除しなければいけないので面倒かなと思っていましたが、意外と簡単にとれてしまうので大した手間には感じませんでした。

服が縮む

乾燥機は熱風をあてることで乾かします。

熱に弱い素材の場合は、繊維が熱によって縮んでしまいます。

特に綿やシルク、ウールなどの素材などが縮みやすいです。

どうしても縮んで欲しくない服がある場合は乾燥機の使用を避けるのがいいと思います。

まとめ

今回の記事をまとめていきます!

衣類乾燥機を使うメリットは

  • 洗濯の工程が減って時間を節約できる
  • 天候に左右されない
  • タオルがフワフワに仕上がる
  • ハンガーがいらなくなる

一方、デメリットは

  • 設置スペースが必要
  • 光熱費がかかる
  • フィルターの手入れをする必要がある
  • 服が縮む

多少デメリットはありますが、メリットのほうが大きく上回ると思います。

特に洗濯物を干す作業がなくなることで自由な時間を手に入れるというメリットはかなり大きいと思います

  • 洗濯が嫌い
  • 家事を減らして時短したい

と思っている人は是非、衣類乾燥機を使っていただきたいです!

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

ヤマダ電機 楽天市場店
¥64,799 (2024/06/21 11:04時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次