【BASE PASTA】茹でるだけの完全栄養食ベースパスタを実食レビュー!

当ブログのリンクには広告が含まれています。

コパンです!

以前、当ブログではパンタイプの完全栄養食であるベースフード株式会社の『ベースブレッド』を紹介しましたが、実は同社はパンだけでなく、パスタタイプの完全栄養食も提供しています。それが『ベースパスタ』です。

ベースパスタは簡単な調理手順でバランスの取れた栄養を摂取できるため、非常に時短になる利点があります。この記事では、ベースパスタの特長やメリット・デメリット、そして実際に食べてみた感想をご紹介しますので、気になる方はぜひ最後まで読んでみてください!

目次

ベースパスタって?

ベースパスタとはベースフード株式会社から販売されているパスタタイプの完全栄養食です。普通のパスタの麺より茹で時間が圧倒的に短く手軽に料理でき、1食で1日に必要な栄養素の1/3を摂取することができます。

※推定値 ※栄養素等表示基準値(18才以上、基準熱量2,200kcal)に基づき、1日分の基準値の1/3を1食分とした場合

現在生麺タイプはフェットチーネとアジアンの2種類が販売されています。

ベースパスタのメリットとデメリット

ここからはベースパスタを使ってみて感じたメリットとデメリットをお伝えしていきます。

スクロールできます
メリットデメリット
手軽に調理できる
1食でバランスの良い栄養をとれる

アレンジして楽しめる
持ち運びは難しい
洗い物がでる

ベースパスタは鍋で茹でるor電子レンジでチンするだけで調理ができます。

▽鍋でゆでる場合(推奨)

鍋を使ってゆでる(塩なし)
熱湯でアジアンは1分、フェットチーネは2分ゆでてください。

▽電子レンジでゆでる場合

容器にBASE PASTA®︎が全て浸かるように熱湯を入れてください。

アジアン:500Wで2分目安
フェットチーネ:500W5分目安

出典:BASE FOOD 公式サイト

普通のパスタを作るより圧倒的に早く作れます!

ベースパスタは1食分で、栄養素等表示基準値に基づき、脂質、飽和脂肪酸、n-6系脂肪酸、炭水化物、ナトリウム、熱量を除いて、すべての栄養素が1日分の基準値の1/3以上含まれています。このため、体に必要な栄養素をしっかりと摂取できるうえ、過剰に摂取しがちなが脂質、炭水化物、ナトリウムなどを抑えたい方にもおすすめです。さらに、たんぱく質も約30g弱含まれているため、糖質やカロリーを控えながらボディメイクを目指す方にも適しています。

ベースパスタの魅力は、自分好みの味にカスタマイズできる点にもあります。

公式サイトではフェットチーネにぴったりなボロネーゼソースとアジアンと相性の良いまぜそばソースの2種類が販売されています。さらに市販のソースを使ってアレンジすれば、さらに幅広いバリエーションが楽しめます。

ベースパスタはカスタマイズの自由度が高いので飽きにくいのがいいよね。

ベースパスタは鍋で茹でるか、レンジでチンしないと食べれないので、家以外で食べるのには向いていません。外で手軽食べれるものを探している方はベースブレッドや完全メシをオススメします。

調理が必要なので当然洗い物が出てしまいます。洗い物が面倒に感じる方は食洗機で洗ってしまいましょう。オススメの食洗機をこちらの記事で紹介しています。

まずいの?

ベースパスタのはまずいという意見をネットでよく目にします。実際にベースパスタをwebで検索すると検索候補の1番最初に「ベースパスタ まずい」と出てくるんですよね。本当にまずいのでしょうか。口コミを見てみましょう。

ここではベースパスタの悪い口コミを紹介していきます。

麺のクセと匂いの強さが不評の原因みたいですね…

続いてベースパスタの良い口コミを紹介します。

思いのほかポジティブな感想が多かったです。どちらかというとアジアンのほうが好評な印象を受けました。

BASE PASTA 実食レビュー

ここからは実際にBASE PASTA を実際に食べてレビューしていきます!

まずはフェットチーネから。

袋から出してみるとこんな感じ。平たい麺が出てきました。麺からなんとも形容し難い独特な匂いがします。

麺を茹でたあとはこんな感じになります。茹で時間は鍋でおよそ2分。茹でる前よりも匂いは和らぎました。試しにソースをかけずに食べてみましたが、モッチリというか、モサモサとした食感で独特の風味があります。おいしくはないですね…。

今回は公式サイトから販売されているボロネーゼソースを掛けていただきました。こちらもお湯で温めていきます。

こちらのボロネーゼソースはお湯で温めると3分~5分程かかってしまうんですね。僕は面倒くさかったので2回目以降はレンチンして手間を省いています。

ソースをかけて完成です!気になる味は…まずボロネーゼソースが美味しいです。ソースが濃いおかげで麺のクセの強さが多少マシなりました。が、独特の風味は結構強く残ります。フェットチーネはボロネーゼやカルボナーラなど、濃厚なソースと相性が良いように感じました。

続いてはアジアンです。

見た目は完全にそばですね。こちらもフェットチーネ同様に袋からだすと独特な匂いがします。

アジアンは鍋でたった1分茹でるだけでオッケーです。早い。こちらも麺だけで食べてみました。麺が細いせいか、フェットチーネよりもクセは控え目。とはいえこのまま食べるのは厳しい。

アジアンにかけるソースは公式サイトで販売されているまぜそばソース。特に温める必要がないので楽です。

ちょっと分かりにくいですが、ちゃんとソースかかってます。ちょっと彩りがなくて寂しいです。気になる方はネギや海苔などをトッピングしてみてください。

ソースは結構濃いめの味付け。そのおかげもあってか麺のクセがいい感じにマスキングされてフェットチーネと比べるとかなり食べやすいです。

個人的にはアジアンのほうが好みでした。

ベースパスタの麺はクセが強いので好き嫌いがかなり分かれると思います。パスタソース次第でかなり食べやすくすることができるので是非色々なソースでチャレンジしてみてください。オススメは濃い味付けのソースです。

ベースパスタはどこで買える??

ベースパスタはAmazon、楽天、Yahoo!ショッピング、 ベースフード公式サイトで購入することができます。オススメは公式サイトでの購入です

BASE FOOD(ベースフード)
ベースフード公式サイトでの購入がオススメ!

ベースフードの公式サイトが、ベースパスタを購入するのに最も便利でおすすめの方法です。公式サイトでの購入には以下のメリットがあります。

公式サイトで購入するメリット
  • お好みで購入数を調整できる
  • 最安値で購入可能
  • マイルがたまる

公式サイトでは、ベースパスタの数量を自分の好みに合わせて調節できます。

公式サイトでは2~120食までお好みで購入数を調節できます。

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングでは自分の好み
に合わせて購入を調整できません。

ベースフードの継続コース初回購入時にはなんと20%OFFの割引があり、2回目以降も10%OFFで購入可能です。

下の図は8食セットの値段を比較した図です。

スクロールできます
価格送料合計
公式サイト(継続コース初回)2,6885003,188
公式サイト
(継続コース2回目以降)
3,0245003,524
Amazon4,0604,060
楽天4,0604,060
Yahoo!ショッピング4,0604,060
価格は記事執筆時のものです

他のECサイト比較しても公式サイトが1番お得に購入できます。

継続コースには、商品の購入数と友だち紹介数に応じてマイルがたまるお得なマイルプログラムがあります。

マイル数に応じてランクが上がり、ランクに応じてアウトレットショップや限定イベントへのご招待など、各種特典が受けられます。

ベースパスタはコンビニやドラッグストアでの購入はできません。他のベースフード製品とは異なり、ベースパスタは公式サイトでしか手に入りません。そのため、気軽にお試しできないのがちょっと残念な点です。

今回の記事ではベースパスタについてまとめてみました。調理が簡単で1食でバランスの取れた栄養をとることができるのでなにかと忙しい現代人にはオススメです。

麺に独特のクセがあり好みが分かれてしまうかなとは思いますが、アレンジ次第では美味しく食べることができるので是非試してみていただきたいです!

BASE FOOD(ベースフード)
ベースフード公式サイト

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA